成功体験を多く積むことが発達障害の子どもの成長発達を助けます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-20

自閉症スペクトラムやADHD、学習障害などの発達障害を持つ子ども達は、
生まれつき脳の機能に何らかの問題があるために、
周りの同年代の子ども達に比べてできないことが目立ち、
どうしても失敗経験が多くなってしまいます。

失敗経験の多さは自己肯定感の低下につながり、
症状の改善がしにくくなるだけでなく、
二次的な障害を引き起こすなど大きな悪影響を与えます。

発達障害の有無に関わらずいえることですが、
子ども達が失敗経験よりも成功体験を増やせるようにすることが、
子どもの心身の健全な発達のために必要です。

私達の放課後等デイサービスでは、運動あそびによる運動療育を主軸としており、
スモールステップで成功体験がたくさん積めるようになっています。
成功体験を積み重ねることで子どもは自分に自信を持ち、
自己肯定感を高めながら次のステップに挑戦していくことができます。

また、この運動プログラムは脳機能を上げる効果があることが
学術的に証明されており、全国の自治体や教育委員会で取り入れていただいています。

この運動プログラムを用いたフランチャイズの教室をぜひ始めてみませんか?
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡ください。

Watch Full Movie Online Streaming Online and Download

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.