予防や治療のできないADHDなどの発達障害。療育で改善できます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-01

発達障害の一つ、ADHDの特徴として挙げられる症状は、
・不注意(うっかりミスが多い、忘れ物が多い)
・多動(いつも落ち着きがなく、うろうろ歩き回っている)
・衝動的(周りの状況を考えず思ったことをすぐに口にしてしまう、友達にしょっちゅう手を出す)
などがあります。
これらの症状は、元気が良すぎるとか、いろいろなものに興味があって
一時的に注意力散漫になってしまうようなものとは違い、
継続して現れているものなので、家庭や保育園幼稚園、学校などでの姿も含めて考え、
総合的に判断していくようです。

症状が軽い場合もありますが、発達障害と診断されたら必ず療育を行ない、
本人や周囲が将来困ることのないようにサポートが必要です。
ADHDや広汎性発達障害などは予防や治療ができるものではないので、
生まれもった特性として受け入れ、対応していくことが大切になります。

私たちの放課後等デイサービスでも、発達障害の原因とも言われている
脳の前頭葉の活動を活性化し、脳機能を上げる効果のある療育を行なっています。
効果的な療育で日常生活のレベルを上げ、
子ども本人や家族の負担を減らせるように活動しています。

今後ますます需要が高まる放課後等デイサービスを
あなたもフランチャイズで始めてみませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.