ASDや発達障害では姿勢維持が苦手なことも特徴の1つです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-01

ASDやADHDなど発達障害のある子ども達には、
・立っている時や座っている時に背中が丸まっている
・体が左右どちらかに傾いている
・座っていてもじっとしていられない
・椅子を前後に揺らす
・すぐに頬杖をつく
などのことがよく見られます。

姿勢の悪さは時間と共にひどくなることが多く、
悪い姿勢が続くことで骨の歪み、神経や内臓の圧迫、
血流の悪化、肥満など様々な悪影響につながってしまいます。
生まれつき筋力が弱かったり、筋肉の使い方がアンバランスだったりするので、
日常的に筋肉を動かすことが大切です。

私達の放課後等デイサービスでは、運動あそびを中心とした運動療育を
活動の主軸としています。
体幹や手足の基礎的な筋力を遊びながら養い、
同時に頭も使って考えながら動くことも大事にしています。

私達の教室で運動療育を受けている子ども達は、
落ち着きが出て、じっとしていられるようになったり、
パニックやかんしゃくを起こすことが減ったり、
日常生活への適応力がどんどん上がっています。

全国にはまだたくさん支援を必要としている子ども達がいます。
フランチャイズで教室を始めて、私達と一緒に
発達障害の子ども達を支援していきませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.