ADHDは病気ではないので完治はしませんが、療育によって改善が目指せます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-01-31

何度注意しても感情や行動のコントロールができず、
同じ失敗を繰り返したり落ち着きがないのは
ADHDの代表的な特徴ですが、
この子達がみんなADHDかというと、そうではありません。

学校でも家でも、周りの子がみんなできていることができない、
発達に遅れがあることで保護者や先生、本人が
困難さを感じている状態がADHDです。

ADHDを含む発達障害は、病気ではないので一生完治することがありません。
しかし、適切な療育・支援を受けていくことで
困難さを感じていた症状は軽減し、社会に適応していくことができます。
人によって現れる特性やその程度には大きな差があるので、
学校では一斉指導ではなく少人数学級での活動が向いています。

私達の放課後等デイサービスでも、1人1人への対応を大切にしています。
運動療育や学習サポート、全ての活動を子どもの特性を考えて行ない、
得意な部分はさらに伸ばし、苦手な部分は少しずつクリアしていけるように
丁寧に根気よく取り組んでいます。

天気の良い日は外に出かけたり、行事の前は製作活動をして季節を感じたり、
様々な活動を取り入れ、子ども達と楽しい時間を過ごしています。
そうした中にも子ども達の能力を伸ばすポイントを入れながら、
充実した時間を心がけています。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
教室運営に興味をお持ちの方は、私達にぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.