発達障害の疑いがはっきりする3歳前後から放課後等デイサービスのフランチャイズに通えます。

2015-11-20

通常3歳から4歳頃になると、自分の感情をコントロールする力が身につき
社会性を学んでいきますが、発達障害のある子どもの場合は
この年齢が遅れる傾向があります。
4歳になっても会話が成立しなかったり、
他の子と遊ばないなどの症状があったら、発達障害の疑いがあります。

発達障害もいろいろありますが、中でも
ADHDの特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」というものがあります。
発達障害の診断を受けた子どもは、適切な療育を早期に受けることが必要です。
そうすることで、症状が改善されて、
子どもが社会に適応できるようになっていきます。

病名はあくまでも子どもの成長の助けとなるものなので、
診断を受けた子どもには、適切なサポートをしてあげたいと思います。

そこで、発達障害の子どもたちのサポートのために、
放課後等デイサービスのフランチャイズでは
脳機能を上げる運動遊びや、学習支援などの療育活動をしています。
発育発達の専門知識を持った職員が、子どもの発達に合った内容を
提供しているので、安心して通わせることができます。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.