教育次第で変わる発達障害。放課後等デイサービスのフランチャイズで適切な療育を受けさせてあげましょう。

2015-11-18

ADHDの子への親の関わり方は、きちんと知らないと、
本人も親もストレスを抱えるので、正しい接し方を知ることが重要です。

まず、何か良くない行動を見つけたときには、近づいて静かな声で話します。
そして、指示は具体的に1つずつ伝えます。
「やめなさい」「だめ」では何をどうしたらいいのかわからないので、
「○○を下に置きなさい」など、わかりやすく指示をします。

そして、いいことをした時にはしっかり褒め、
時にはシールやスタンプをあげて、
集まったら好きな物と交換できるようにするシステムを使うのも効果的です。

ADHDは生まれつきの脳機能障害なので治ることはありませんが、
教育や接し方で子どもはどんどん成長していきます。
学校教育は特別支援教育を受け、日々の療育活動も積極的に取り入れるのが
子どもにとってベストな環境です。

学校の終わった後や長期休暇などに通える放課後等デイサービスのフランチャイズで、
発達障害を持つ子どもの療育を行いませんか。
預かるだけの施設ではなく、運動と学習などさまざまな療育を提供する
総合教室です。
子どもの育つ喜びを一緒に共有したいと願うスタッフが集まっています。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.