ADHDでは脳の特性により怪我をしやすい傾向にあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-17

ADHDの子ども達は、その脳の特性により怪我や事故から身を守ることが
苦手な傾向にあります。
親がいくら言って聞かせても、自分の興味や欲求のおもむくまま
考えるよりも先に衝動的に動いてしまうので、
本人が怪我をしたくないと思っていても防ぐのが難しくなります。

また、体の動きがぎこちない子も多く、
転びやすかったり、階段や遊具から落下することもあります。
そうした特性に何も対処せずにいると、命の危険もあるので、
子供に合わせた方法で怪我や事故を防ぐ対応を
していくことがとても大切なことになります。

私達の放課後等デイサービスでは運動療育を主軸として
様々な療育活動を提供しています。
1人1人に合わせた療育支援をしていくことで、
不注意や多動性衝動性といった脳の特性を無くすことは
できませんが、特性への効果的な対処法を見つけ、
回避できるようになってきます。

大人になってから症状を改善したり、特性への対処法を
身に付けていくのはとても大変なことなので、
子どものうちの適切な療育活動が重要になります。

発達障害特性を持つ子ども達を支援する、放課後等デイサービスの
教室を、私達は全国にフランチャイズ展開しています。
教室の運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.