ADHDではパーソナリティ障害など二次障害を併発することもあるので注意が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-01-18

ADHDとパーソナリティ障害は、現れる症状に似ているところがあるため、
間違われることがありますが、大きな違いは、ADHDは先天性の脳機能障害で、
パーソナリティ障害は精神疾患という点です。
ただ、ADHDを元々持っていて、パーソナリティ障害を併発することがあります。

ADHDの特徴は不注意、多動性、衝動性とされ、
これにより片付けられない、動き出したら止められない、
衝動が抑えられないなどの症状があります。
パーソナリティ障害の特徴は、人と違ったものの捉え方や考え方をするので、
変わった言動をしたり、感情や衝動のコントロールが苦手です。

ADHDの子どもは、その特性によりどうしても小さい頃から
親や先生から注意や叱責を受けることが多くなってしまいます。
それによって自己愛が育たずに、二次障害として
パーソナリティ障害やうつ病のような精神疾患も併発することがあるのです。

ADHDの症状を改善し、二次障害を防ぐためには「療育」が必要です。
私たちの放課後等デイサービスの教室では、
脳機能を上げることが学術的に証明されている
「柳沢運動プログラム」を提供しています。

運動といっても楽しく行える運動あそびなので、
やらされている感覚ではなく、子どもが自ら楽しみながら体を動かすことができます。
それによって脳が活性化し、様々な能力を身につけていくことができるので、
結果、日常生活の能力は確実に上がっていきます。
運動療育によって、抑制力、集中力、社会性が身についていけば、
発達障害での症状は改善され、二次障害を防ぐことにもつながります。

発達障害の子ども達を守るための療育施設をフランチャイズで始めませんか。
ぜひ一度、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.