3歳児の自閉症の症状は、2歳頃から発達障害の診断を受けることもあるようです

2015-11-05

自閉症の特徴的な症状は2歳から3歳頃に見られます。
コミュニケーションが苦手だったり、友達への関心が薄かったり、
想定外のことが起きるとパニックになったりします。

自閉症も発達障害なので、大人になって完治するようなものではありません。
しかし、自閉症の子どもたちには、できるだけ早い段階で支援を始めてあげることで、症状を緩和することができます。
症状が緩和されれば、5年後、10年後、子どもたちが大きくなったときに
社会に適応できるようになっていきます。

私たちは、こうした子どもたちへの療育プログラムとして、脳機能を向上させるのに効果的な「柳沢運動プログラム」を、放課後デイサービスで提供しています。

自閉症の特徴的な症状が見え始めた3歳頃から通うことができます。
この運動プログラムを、楽しく継続的に行うことで、子どもたちの脳機能が上がり、日常生活の改善につながっていきます。
子どもの将来のために、早めに支援をしていきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.