PDDは知的障害を伴わなくても社会生活で困難をきたします。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-21

広汎性発達障害の中でも知的障害を伴わないものを高機能広汎性発達障害と呼びますが、
知的障害がなくてもその場に合った言動ができなかったり、
相手の気持ちを理解できなかったり、強いこだわりがあるために
社会生活では困難さを感じてしまうことになります。
また、学習面でも問題で問われていることをイメージすることが苦手なので
理解することができず、ストレスをためこんでしまいます。

高機能であっても、やはり支援は必要なのです。
その子が苦手としている部分は補っていけるように
スローペースで、そしてスモールステップで進めることが大切です。
子ども自身がやる気をなくしてしまっては元も子もないので、
理解しやすい方法で、丁寧に教えていく根気が必要です。

私たちの放課後等デイサービスでも療育の1つとして
学習サポートを行なっていますが、
発達の専門知識を有した職員がいるので安心して任せていただいています。
何よりも子どもの笑顔とやる気を大切にしながら、
日々の活動によって日常生活でできることが増えていくように
先を見据えた支援をしています。

教室ではフランチャイズ展開をしています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.