ADHDなど発達障害は親の関わり方も大きく影響します。放課後等デイサービスのフランチャイズ。

2016-01-25

ADHDや自閉症などの発達障害の子どもへの対応では、
親の関わり方もとても重要なポイントになります。
まずは発達障害についてよく理解することが大切です。

ADHD、アスペルガー症候群、自閉症など、
多動の傾向があるものでは、環境調整が大きな意味を持ちます。
何かをするときには集中を妨げるようなものを排除し、
余計なものや音などが入らないようにしてあげることも必要です。
そして、具体的な指示をすること、何かできたらすぐに褒めること、
失敗しても感情的に怒ったりせずに静かに話すことなど、
こちらが気をつけてあげることで子どもはとても楽になります。
症状の程度は個人差がありますが、周囲の対応で大きく変わります。

そして、療育も必ず取り入れてほしいと思います。
きちんとした療育をしてあげることで、症状は改善します。
私達の放課後等デイサービスのフランチャイズでも
発達障害のある子ども達に療育を提供しています。
主軸としている運動プログラムは無理なく取り組める内容で、
脳機能を上げることで日常生活のレベルアップが期待できます。

たくさんの子ども達をサポートする活動をぜひ一緒に始めてみませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.