感覚が過敏すぎる発達障害児も放課後等デイサービスのフランチャイズで助けてあげられます。

2015-11-23

広汎性発達障害は、発達障害の中の1つで、
社会性、コミュニケーション能力に障害があり、強いこだわりも見られます。
また、感覚が過敏だったり想像力にも障害があるといわれています。
高いところがすきだったり、汗をかくのが嫌い、汚れるのが嫌いな子どももいます。

遺伝要素が大きく、予防したり治すことは難しいので、
うまくつきあっていくことが必要になります。

育て方や育った環境が原因でなるものではありませんが、
育て方や教育のしかたで、症状が軽減することはあります。
症状が軽減すれば家族も対応しやすくなり、
それによって本人も周囲に理解してもらえたと感じ、自己肯定感が生まれてきます。

放課後等デイサービスのフランチャイズでは、発達障害の症状を軽減させるために、
脳機能を上げる療育プログラムを、運動保育士という運動と保育のプロが提供しています。
脳機能アドバイザーでもあるので、体のこと、脳機能のことなら
何でも相談に乗れる専門家です。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.