遺伝性も高い発達障害。幼児期からの療育で症状の改善が見込めます。放課後等デイサービスのフランチャイズを始めませんか。

2016-03-13

発達障害は遺伝性が強いといわれています。
ただ、必ず遺伝するわけではないし、発達障害っぽいだけという人もいます。
もし発達障害がある場合、子どものうちに気付ければ早めに改善ができます。
早いうちから対応をしていれば気になる症状が緩和したり、
うまくいけばほとんどなくなることもあります。
少なくとも二次障害を併発することは防げるので、
とにかく早めの気付きと対策が重要なポイントです。
もし気付かないままだと、周囲から叱責を受けることが多くなり、
長い間自己否定に悩まされることになります。

発達障害は生まれつきの脳機能障害で、
決して本人の努力不足や親の育て方でなるものではありません。
まずはそのことをきちんと理解し、一人一人に合った療育を行い、
一日でも早く症状を軽減させてあげることが必要です。

私たちもそんな想いから、放課後等デイサービスで療育を行っています。
独自の運動療育プログラムを主軸にし、学習サポートなども行う総合教室です。
あなたもぜひ、子ども達に療育の場を提供する活動を始めてみませんか。
放課後等デイサービスのフランチャイズを増やしていきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.