運動療育で生活スキルも向上します。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-07-15

発達障害を持つ子ども達には、生活の様々な面で
支援が必要なことが多岐に渡ってあり、
支援の仕方も1人1人に合わせて行わなければいけません。

例えば、食事面ではこだわりや感覚過敏による
偏食があったり、多動のために一定時間座って
食事をするのが難しかったりします。

衣服の着脱においても、こだわりや感覚過敏、
鈍麻によってスムーズに進まなかったり、
手先の不器用さやボディイメージの弱さから
うまく着替えられなかったり、
暑さ寒さで臨機応変に衣服を調節することなども苦手です。

他にもとても様々な面で支援が必要で、
中には健康面に影響してしまうことがあったり、
集団生活に適応しにくい原因になってしまうものもあるので、
その子に合った方法で少しずつスキルを身につけたり、
その場に応じて自分で対処していけるように
サポートしていくことが大事です。

発達障害を持つ子ども達が将来社会の中で自立して
スムーズな生活を送っていけることや、
持っている能力を最大限に活かすことができるように
1人1人をしっかりと支援していくことが大切です。

私たちは放課後等デイサービスの教室で
支援を必要としている子ども達に療育支援を行なっています。
教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.