運動には体調を整える効果もあります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-06-02

発達障害を持つ子ども達では、
体調を崩しやすいということがあります。
その原因としては、
感覚過敏によって体に負担がかかりやすいこと。
自律神経が乱れやすいこと。
自分の体の状態を把握しにくかったり、
過集中の特性などで限界まで無理をしやすいこと。
その他様々な特性によって日常的にストレスが多いこと。
などがあります。

体と心は連動しているので、
体が辛くなれば精神的な影響も当然出てきます。
なので、1つ1つ負担を軽減できるようサポートを
してあげることがとても重要です。

私たちは放課後等デイサービスの教室で
運動療育を中心とした療育活動を行なっていますが、
運動には、自律神経を整えたり
ストレスを軽減させたり、将来的なうつ病のリスクを
低下させてくれるといった様々な良い影響が
あることがわかっています。

子ども達が日々継続していける楽しい運動あそびで
基礎体力を養いながら、心身の健康を維持して
安心して成長していけるように
毎日の関わりを大事にしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.