遊びの要素を含んだ活動で発達障害児の能力向上を効果的に促します。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-08-03

発達障害の有無に関わらず、子ども達に身に付けて欲しい力は
たくさんあります。
そんな時、それができるようにただ繰り返しやらせても
子どもは楽しくないので続かず、力はつきません。

子どもが自主的に取り組み、継続していくために必要なのは
遊びの要素を含んだ楽しい活動であることです。
楽しければどんどん取り組むことができるので、
その技術は上達し、集中力なども自然と身に付きます。

私達が放課後等デイサービスで提供しているのは、
運動あそびによる運動療育です。
運動が苦手な子でも取り組めるように、ゲーム性を持たせたり、
遊びの要素を盛り込み、子どもの興味を引きながら
できるような工夫がされています。
そうすることで、運動が苦手な子も遊び感覚で楽しく無理なく
取り組むことができます。

また、運動能力や体力だけでなく社会性やコミュニケーション能力、
感情コントロール力、言葉の発達、手先の器用さなど
日常生活に必要な様々な力も同時に身に付けていくことができます。
また、教室では運動療育の他にも学習サポートや教室ごとの
療育プログラムで子ども達の成長・発達を促しています。

私達の放課後等デイサービスの教室は、全国にフランチャイズ展開
していますので、教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ一度、下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.