通常学級、通級、特別支援学級など子どもに合った環境を提供することが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-02-14

発達障害や発達障害の特性があって支援が必要な子ども達は、
通常学級ではなく特別支援学級に在籍したり
通級による指導を受けることが多いと思います。

通級指導を受ける基準は明確にはありませんが、
通常学級での学習におおむね参加できていて、一部の分野で
個別の支援、指導が必要な子ども達が通い、
指導を受けることができます。

学習面や生活面などで子どもが抱えている困難を改善していくために
1人1人のニーズに合わせた個別の支援計画に基づいた支援を
受けることができます。

また、通級では通常学級での授業も受けることができるので
クラスの子ども達との交流も多く取れます。
一番大切なことは子どもに合っているかということなので、
しっかりと見極めていくことが必要です。

そして、学校以外の場での療育支援を受けることもとても大切です。
私達は放課後等デイサービスの教室を全国に展開し、
ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの発達障害や、
診断は受けていないが、その特性を持つグレーゾーンの子ども達、
その他障害を持ち支援を必要としている子ども達に
療育活動を提供しています。

早期に、そして適切に支援を受けることで子ども達の困っている
症状が軽減され、生活が送りやすくなります。
療育によってできることが増えたり、できなかったことができるように
なったりすることで子ども達は自分に自信を持つことができ、
吸収できる力も大きくなります。

支援を必要としている子ども達の数は増えています。
私達は放課後等デイサービスの教室をフランチャイズで展開していますので、
教室の運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.