誤解されやすい発達障害の子ども達に支援を。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-02-02

広汎性発達障害は、生まれつきの脳機能障害です。
決して、親の育て方やしつけの問題ではありませんが、
なかなか周囲に理解してもらえず、変わった人だと思われて
敬遠されてしまうことも少なくありません。
これは、発達障害の人はコミュニケーションをとることや、
良好な対人関係を築くことがとても苦手なためです。
周囲の人たちがきちんと理解し、サポートしてあげることが必要で、
少しでも生活しやすくするためには
症状を軽減させるための療育などを受けることが大切になります。
発達障害と診断されたら、できるだけ早い段階で療育を始めることが、
将来社会で自立して生きていくことができるようになるために近道です。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズも、
そんな子ども達の支援をするために専門知識を持ったスタッフが集まって、
独自の療育活動を提供しています。
ここで取り入れている運動療育プログラムは、
脳を活性化させ、機能を上げることができるものです。
子ども達が、無理なくそれぞれのレベルに合わせて楽しく取り組めるものなので、
保護者の方にもとても好評です。

ぜひ、教室を開いて一緒に活動をしてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.