自閉症スペクトラムは3歳頃にはっきりわかってきます。早期の療育で支援しましょう。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-12-28

発達障害があるとはっきり診断がつく時期は、発達障害の種類や症状の程度によりますが、
自閉症やアスペルガー症候群、高機能自閉症といった自閉症スペクトラムでは、
だいたい3歳頃には診断がつくといわれています。
しかし、中には症状が軽度のために大人になるまで発見できず、
周囲とうまく人間関係が作れなかったり、自分は人より劣っている、
怠け者だと思い込んでしまったりすることで悩み続け、
精神疾患などの二次障害を患ってしまうこともあります。

自閉症スペクトラムでは、人間関係の構築が困難で、
コミュニケーション能力の障害や、特定のものに強くこだわるという特徴がありますが、
本人が気付くことは難しいので、周囲の大人の気付きと、
早期に診断を受けてその子に合った療育活動を始めることが、
症状改善のための大事なプロセスです。

子どもの内から適切な療育をうけておくことで、大人になるまでには
大きな困難さを感じずに日常生活が送れるようになることもあります。
子ども達が5年後10年後、社会に出る時のために、
必要な能力をしっかりと養っておくことがとても大切なのです。

私たちも放課後等デイサービスで療育を提供しています。
運動あそびによる運動療育や、学習サポートなども行なう総合教室です。
教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室を始めたい方や興味をお持ちの方はぜひ私たちにご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.