自閉症などで言語能力が低いと、自分の感情を伝えられず強いストレスになります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-19

言語の遅れを伴う自閉症の場合、嫌なことがあっても
自分の感情を言葉にして伝えることができず、ストレスを抱えてしまいます。
この時期は新学期でクラスや先生、友達が変わったことから来るストレスが
いろいろな形で現れてくる時期でもあります。
今までと違う教室、違う先生、違う友達・なども環境の変化は
自閉症の子たちにとっては、私たちが考える以上に大きなストレスと不安を与えます。
しかし、学校生活や社会生活の中でそれらの変化を全てなくすことはできません。
少しずつ小さな変化に慣れながら、本人が対応できるようにしていかなければ
いつまでも環境の変化に対応できず、ストレスは増すばかりです。

子どもによって対応できる変化の大きさや、受け入れやすい方法があります。
それを見極めて1人1人に合った療育で、サポートしていくことが大切です。
私たちの放課後等デイサービスの教室でもこんなことに気をつけながら、
1人1人が確実に能力を上げていけるように療育を提供しています。

療育の方法は様々ありますが、私たちの教室では
脳機能を向上させる効果のある運動療育プログラムでの療育を主軸にしています。
日常的に楽しく体を動かしながら脳を活性化させていきます。
子ども達は遊んでいる感覚で力を身に付けていくことができるので、
とても効果的で好評をいただいている内容です。
他にも学習サポートなども行なっています。

子ども達の育ちを応援する、笑顔の溢れる教室です。
フランチャイズの教室を開きたい方はいつでもご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.