筋肉に弱さがあるダウン症でも安心して通える教室です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-03-24

染色体異常が原因で起こるダウン症は、出産年齢の上昇とともに増えています。
ダウン症は知的障害も伴い、すべての発達がとてもゆっくり進んでいきます。
周りの子に比べればとても成長スピードは遅いですが、
根気良く丁寧に教え、発達を促していくことが大切です。

ダウン症の特徴として、筋肉や関節が弱いことも挙げられます。
腕を人に引っ張られたりすると簡単に関節が外れてしまうこともあります。
特に首は危険が高いので気をつけなければいけません。

私達の放課後等デイサービスの教室では運動療育も行っていますが、
発達障害の種類に関わらず、1人1人に合わせた内容で
カリキュラムを組むことができるので安心して通って頂いています。
環境設定や声掛け、補助の仕方などさまざまな工夫をし、
子ども達の心と体と脳の発達を促せるように活動しています。

ぜひ、フランチャイズを始めて子ども達の育ちを応援しましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.