知的発達や運動発達の遅れもあるダウン症。放課後等デイサービスのフランチャイズで療育を。

2016-02-27

ダウン症の症状はさまざまですが、知的発達の遅れ、言語発達の遅れ、
運動発達の遅れなどが見られます。
このような症状も療育を行うことで改善していくことがわかっています。
ただ、ダウン症の子ども達は発達のスピードがとてもゆっくりなので、
根気良く継続的に行うことが大切です。
また、筋力が弱かったり、他者に無理やり動かされると
関節を脱臼しやすいなどのこともあるため、
運動療育を行う時は注意が必要です。

私達の放課後等デイサービスのフランチャイズでは、
専門の知識を持った職員が指導を行うので安心です。
運動療育プログラムの内容も、子どもの能力やタイプに合わせて無理なく行え、
小さなステップアップを積むことでたくさんの達成感を感じながら
楽しく遊んで学べるものになっています。

今後も多くの子ども達に療育を提供し、
子ども達の将来の自立に向けて力になりたいと思います。
あなたも一緒に活動を始めてみませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.