発達障害特性による様々な理由で保育園や小学校で給食が苦手な子がたくさんいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-09-28

保育園や幼稚園、小学校などでは毎日給食の時間があります。
その時、みんなで座って食事をすることが苦手で
困っている子がいます。
その理由は、個々に様々なものがあります。

例えば
・多動の特性があり一定時間座っていられない
・目に入ったものに興味が移って食事から離れてしまう
・ざわざわした教室で食事に集中できない
・感覚の問題で椅子に座るのが苦手
・筋力が弱くて座り姿勢が保てない
・感覚過敏などによる偏食がある
といったようなことが原因として挙げられます。

しかし、子ども本人がそれを言葉にして訴えることが
必ずしもできるわけではないことや、
このような理由が複数重なっていることもあるので、
周囲がよく観察しチェックしながら支援していくことが
子どもの困難やストレスを減らすために必要になります。

周囲が適切に対処してあげることで、発達障害やその特性を持ち
困り事を抱えている子ども達の暮らしやすさは
大きく変わってきます。

そして、困り事改善のためには療育活動も大切です。
私達は放課後等デイサービスの教室で、子ども達に療育活動を
提供しています。
運動あそびによる運動療育を主軸とした療育活動で、
個々の特性や課題に合わせて、子どもが自主的に取り組める
楽しい活動を心がけ、社会生活で必要な生きる力の習得に
つなげていきます。

私達の提供している運動療育プログラムは、
子どもの体・心・脳を育てる全国的にも有名なプログラムです。
職員も専門的なスキル、知識を有した職員が
指導に当たるので、保護者の方にもとても信頼していただいています。

私達の放課後等デイサービスの教室は全国にフランチャイズ展開して
いますので、教室の運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.