発達障害特性による困り感を減らし将来につながる療育支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-03-01

小学校、中学校の1クラスに1人から2人ほどは
「落ち着きがない」「身の回りの整理整頓が苦手」
「衝動的」「人の話を聞くのが苦手」
「感情のコントロールが苦手」「友達とうまく関われない」
「自分の気持ちを表現するのが苦手」「体が不器用」
など、社会性や行動面で問題を抱えているとされています。

これは発達障害による生まれつきの脳の特性であることが
多く、日々の生活、保育や学校現場の中で
1人1人の特性に合った配慮や関わり、働きかけを
していくことがとても大切になります。
そうすることで、生き辛さを感じている子ども達の
辛さが軽減され、安心して毎日の生活を送りながら
能力を伸ばし、将来の可能性を広げることにも
つながっていきます。

支援やサポートをするためには、まずはその子を
理解してあげる必要があります。
自分で自分の困り感を人に伝えることが難しい子も
多いので、行動1つ1つから気持ちを読み取っていったり、
丁寧に気持ちに寄り添いながら支援していくことが大切です。

できないことや苦手なことがどうしても多くあり、
昨日できたことが今日はできなかったりすることもあります。
それによって自信をなくしてしまうこともありますが、
適切に支援していくことで、ある時突然できるようになったり、
得意なことでは周囲が驚くような才能を発揮したり、
誰も思いつかないことを成し遂げたりすることもあります。
周囲がしっかりとサポートしていけば、
発達の遅れや偏りはなくならなくても
自分らしく社会生活を送っていくことが十分に可能です。

私たちは子ども達の5年後や10年後の将来をみすえて
放課後等デイサービスで療育活動を提供しています。
教室では独自の運動療育プログラムで、子ども達の
体の発達だけでなく心や脳の発達も促しています。
この運動プログラムは全国的にも有名なプログラムで
これまでも多くのメディアで紹介され、
全国の多くの自治体や教育委員会などで採用されています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.