発達障害児には将来を見据えた療育支援が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-04

発達障害の子ども達の症状の程度や持っている特性は、
共通している部分も多々ありますが、人によって様々です。
同じADHDでも、10人いれば10通りの特徴があるのです。

そのため、日常生活の中で困っていることやその対応も
個々に違ってきます。
一見同じ「授業中に教室を飛び出してしまう」という行動でも、
その理由は「外にトンボが飛んでいたのが目に入って追いかけてしまった」
「苦手な犬の鳴き声が聞こえてたまらなく飛び出してしまった」
など、その原因や対応は全く違うものになります。

しっかりと子どもを観察し、話を聞きながら原因を見極め、
適切に対応することが必要です。
特に発達障害の子ども達は、自分の気持ちを言葉にして
人に伝えることが困難なことが多いので、
周囲の人の支援が欠かせません。

ただ、子ども達が成長していく上では、いつも支援者や理解者が
そばにいてくれるとは限りません。
自分の障害のことを何も知らない人と接する機会も出てきます。
そのため、子どものうちに療育支援を受けて症状の軽減を目指し、
自分の特性の理解とそれに対する対処法を身に付けておくなどの
ことがとても大切です。

私達は、放課後等デイサービスで子ども達に療育支援を行なっています。
発達障害特性を持つ子ども達が、5年後10年後社会に出た時、
困難が少しでも減っているように、将来を見据えた支援を大切にしています。

教室は、全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ、下記までご連絡ください。
教室開所に向けて、サポートいたします。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.