発達障害は1つの脳のタイプ。療育で改善していくことが可能です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-11-04

「発達障害」という言葉は、「障害」という言葉が入っているので
何となく自分とは関係ないように思うことが多いかもしれませんが、
自閉症やADHDなども言ってみれば1つの脳の特性、タイプです。
「ADHDです。」と診断されていなくても「ADHDの傾向がある」という人は
実際は世の中にたくさんいるのです。
例えば小学校時代に、いつも落ち着きがなく授業中も座っていられない、
常に動き回っていて、衝動的にすぐ友達に手を出してしまうような子がいた記憶はありませんか。

ADHDの傾向があるだけで特に支援やサポートは必要ない子がいれば、
日常生活に大きく支障を来たしてしまう、支援の必要な子がいます。
私たちは支援の必要な子ども達に、放課後等デイサービスで療育を提供しています。
一人一人に発達段階や特徴に合わせて、運動療育や学習サポートを行っています。

教室で提供する運動療育プログラムは、脳機能を向上させる効果があり、
全国の自治体や教育委員会でも取り入れていただいている信頼性の高いものです。
このプログラムを使うことができるフランチャイズの教室を始めてみませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.