発達障害は完治しませんが、療育によって症状が和らぎ生活しやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-12-26

ADHDは、脳の前頭葉が働くのに必要なドーパミンなどの神経伝達物質が届きにくいので
前頭葉がうまく働かず、注意欠陥、多動性、衝動性といった症状が出ると言われています。
このドーパミンは、好きなことをしたり楽しいと感じることで分泌され、
それによってその時の集中度が高まります。

私たちが放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムは、
子どもが楽しく体を動かして遊びながら能力アップが目指せるようになっています。
体を動かすことは脳を鍛えるのにとても効果があり、
脳の機能が向上すれば、今までできなかったことができるようになり、
日常生活でのレベルを上げることにもつながります。

子ども達もいつかは社会に出て生活をしなければいけません。
発達障害は完治するものではないので周囲の理解やサポートも大切ですが、
発達障害の症状を軽くしておくことで、格段に社会生活が送りやすくなります。

子ども達の将来のためには、早期の療育がとても効果的です。
発達障害を持つ子ども達に様々な療育を提供できる教室を、
ぜひフランチャイズで始めてみませんか?

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.