発達障害の症状が改善すれば特別支援学級から通常級へ移ることもできます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-09-17

発達障害があって小学校では特別支援学級に通っていても、
症状が改善され、中学校から通常級に通えるようになることもよくあります。
成長にしたがって、本人も周囲と自分との違いを気にするようになり、
できないことで自己否定感を抱いたりすることが増えてくるので、
それが精神的な症状にまで発展しないうちに症状の改善を促すことが大切です。
できるだけ小さいうちに療育を受け始めることで症状は改善しやすいので、
早期発見と早期の療育の開始がとても重要になります。

私たちの放課後等デイサービスの教室でも、
広汎性発達障害、ADHD、ダウン症など様々な発達障害を持つ子ども達が通い、
療育を受けています。
通っていくうちにできなかったことができるようになり、
パニックやかんしゃくを起こすことも減っています。

私たちが提供している運動療育では、脳機能を改善させる効果があることがわかっている
独自の運動プログラムを用いているので、楽しく体を動かして遊ぶうちに
いつの間にか能力が身についているというものです。
特に発達障害の子たちが積極的に身につけたい社会性の力を育てることが得意です。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
教室を始めたい方は私たちがしっかりサポート致しますので、ぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.