発達障害の子ども達の中には完璧主義特性を持ち困難を感じている子ども達がいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-10-30

発達障害の子ども達の中には、完璧主義という特性がある場合があります。
この特性を持っていると、勉強でも遊びでも、何でも完璧にできなければ
気が済まず、かんしゃくを起こしたり自分を責めてしまい、
その結果失敗を恐れて行動できなくなってしまいます。

さらに、自分だけでなく他の人にも完璧を求めるので
人とのトラブルの原因にもなります。

ただ、脳の特性なので簡単に考え方を変えることはできません。
少しずつ完璧でなくても良いということを伝えたり、
本人の気持ちに寄り添いながら支援していくことが必要です。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害特性を持つ子ども達に
運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。
個々に合った療育を受けながら、思考の柔軟性を身につけたり
臨機応変に対応する力を身につけ、日常生活を送りやすくしていきます。

このように、発達障害特性によって日常生活に様々な困難を感じている
子ども達を適切な療育でサポートしていくことで、生活に必要な様々なスキルを
身につけ、不安やストレス、困難を減らしていくことができます。

子ども達を支援・サポートする放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めたい方は、ぜひ私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.