発達障害の子どもへの対応は短くわかりやすくがポイントです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-08

自閉症スペクトラムやADHDなどを持つ子ども達は、
あいまいな表現から想像したり、先を読み取って理解することが苦手です。
また、先の予定がわからなかったり急に変更したりすることも
パニックを起こす要因となるので、対応には注意が必要です。
気をつけることは
・指示は一つずつ短く伝える
・指示の内容は抽象的でなく具体的にする
・否定的な言葉をかけない
・先の予定を伝える
・言葉だけではなく視覚的にも伝える
などのことです。
子どもによって理解しやすい方法が異なるので、
その子に合わせた方法で混乱を招かないように気をつけることが大切です。

私たちの放課後等デイサービスでもこのようなことを意識して
子ども達にとって安らげる場所になるように活動をしています。
発達障害の症状を和らげるためには療育がとても重要ですが、
私たちの教室では脳機能を上げることで生活レベルを上げられるように
運動療育を主軸として療育を提供しています。
子ども達が5年後10年後、社会で生活しやすくなるように
支援する場所を増やしていきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.