発達障害とわかったら特別支援学校や学級、放課後デイで療育を。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-03-23

発達障害を持つ子ども達が小学校に入学する時、
何も行動しなければ自動的に普通の小学校へ通うことになり、
仲良しの友達ができない、授業についていけないなどのことで
子どもに大きな苦痛やストレスを与えることになってしまいます。
これは不登校や、精神疾患などにつながることもある重要なことなので、
発達障害と診断されたら就学相談を受け、
その子に合った学校や学級に通うことができるようにすることがとても大切です。
特別支援学校や学級では子どもの特徴を認識してくれているので、
子どもにとってもストレスが少なく、
また、人数が少ない教室だと刺激されるものも少ないので活動がしやすくなります。

そして、学校が終わった後に通うことができるのが、放課後等デイサービスです。
私達の教室は子どもをただ預かるだけの施設とは違い、
脳機能を上げる独自の運動療育プログラムを主軸に療育を提供しています。
また、夏休みなどの長期休暇にも通うことができるので、
継続的な療育で効果的に能力アップを促すことができます。

障害を持つ子ども達は増えています。
ぜひ、放課後等デイサービスのフランチャイズを始めて、
子ども達が成長できる場所を増やしていきませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.