発達障害での感覚過敏は理解されにくく、つらい思いをしている子がたくさんいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-05-23

ASD(自閉症スペクトラム)を持つ子ども達の中には、
様々な感覚に対しての感覚過敏を持っている
という人たちがとても多くいます。

中でも聴覚に対して過敏さを持っていると
音の多い駅の構内やスーパーの店内、
赤ちゃんの泣き声や子どもの騒ぐ声、
救急車やパトカーのサイレンの音、
などが我慢できないほど不快に感じます。

また、聴覚、視覚、触覚、臭覚など他の感覚の過敏さも
併せもっている場合は、外出することさえ
億劫になってしまうこともあります。
人の感覚については本人にしかわからず、
なかなか周囲には理解してもらえないことが多いので、
つらい思いをしていることが多いのです。

こうした生き辛さを持つ子ども達には、
何よりも周囲の理解とサポートが欠かせません。

私達も放課後等デイサービスの教室で療育を提供し、
発達障害を持つ子ども達を様々な面からサポートしています。
ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)、ダウン症、
知的障害など個々の障害の種類や症状の程度、
持っている特性などに応じた支援を行なっています。

1人1人が日常生活での困難さを軽減できるように
サポートをする教室です。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記の連絡先まで
ご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.