発達障がいの子ども達には具体的で端的な指示が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-11-21

発達障がいを持つ子ども達は、想像力の欠如が認められることが多く、
他の子ども達と同じ指示の仕方では伝わらないことがあります。
例えば、図書館や病院の待合室などの静かにしなければいけない場面で
声の調節ができず大きな声でしゃべりだしてしまったとき、
「静かにして」といっても、どうしたら静かにできるかを
イメージすることが難しいのです。
そこで、言い方を「1の音で話してね」「ありさんの声で」などに変えることで
音の大きさがイメージしやすくなり、理解できるようになります。

他にも「きれいにして」「危ないよ」「ちょっと待ってて」などの言葉も、
指示が具体的でないので理解しにくい言葉です。
このように、発達障がいの子ども達への声掛けには少し配慮が必要です。
うまく理解できないことでパニックを起こすこともあるので、
周囲がそれを理解し、サポートしていくことが大切です。

私たちの放課後等デイサービスでは、発達障がいの子ども達に療育活動を
提供していますが、細かいところまで配慮が行き届く指導を心がけています。
丁寧に指導していくことで、子ども達は少しずつ確実に変わっていきます。

子ども達の将来の自立に向けて、できることを増やしていけるように支援する教室です。
教室のフランチャイズに興味をお持ちの方は、下記にご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.