療育で良い面は伸ばし、できない面はサポートしていきます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-09

発達障害を持つ子どもには、小さい時から「自他の区別」を教えることが大切です。
自分と他人とは違う人間で、考え方や感じ方も違うことを理解するということです。
これは目でみてわかるものではないので、
根気よくその場面場面で教えていく必要があります。
相手がどう感じているか、嫌がっているのか喜んでいるのか理解することは、
子どもが大きくなってから生活していくのに必要な力です。
良好な人間関係を築けるかどうかは、社会生活を送るのにとても大きな問題です。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも
そのようなことを意識して療育活動を提供しています。
運動療育を主軸としていますが、運動遊びをしながら
社会性やコミュニケーション力、言語面の発達なども促せるようになっています。
内容も1人1人に合わせて提供することができるので、
様々な発達障害を持つ子が通うことができます。

子ども達が将来社会で生活していく上で困らないようにサポートをしています。
フランチャイズに興味をお持ちの方はぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.