生活面に効果をもたらすことを狙った運動療育で体と心と脳を育てています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-09-09

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズの教室では、
運動療育や学習サポートなどの療育を提供しています。
主軸としているのは運動療育で、脳機能を向上させる効果があることが実証されている
全国的にも有名な運動あそびプログラムを用いています。

運動あそびでは、子ども達に以下のような力を身につけてもらうことを目的にしています。
・落ち着き、我慢する力
・姿勢作り、転倒防止
・感情のコントロール
・集団活動
・コミュニケーション能力(社会性)
・怪我の予防
・手先の器用さ
これらの力を遊びながら身につけていくことで、生活面でのレベルアップを目指していきます。

発達障害は生まれつき脳機能に問題があることで症状が起こりますが、
脳機能に直接アプローチする運動療育を行っていくことで
その症状はどんどん軽減していきます。
症状が軽減していけば、子ども達もとても生きやすくなります。
5年後10年後社会に出るときに、しっかりと自立した生活ができるようになります。
そんな姿を目指して日々の活動をしている教室です。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.