特別支援学校と放課後等デイサービスのフランチャイズでサポートしていきましょう。

2015-12-22

発達障害と診断された子達は、特別支援学校に通ったり、
特別支援学級に通ったりすることがほとんどです。
無理をして通常学級に通うことは本人にとっても
ものすごく負担の大きいことなので、
診断された時点で早めに対処していくことが大切です。

発達障害があっても、早期に療育などでサポートをしていけば、
症状はどんどん改善されていくものです。
発達障害は生まれつき脳の機能がうまく働かないことで起きるので、
このうまくいっていない脳の働きを促してあげられれば良いのです。

私たちの提供する「柳沢運動プログラム」は、
障害のある子でもない子でも、その脳機能が上がり、
集中力や抑制力などが上がることが証明されています。
このプログラムの行うことで、子ども達の心を救うことができます。
できなかったことができるようになることは子供にとって、とても大きな喜びです。
子ども達の5年後、10年後の姿をよりよいものにするために、
放課後等デイサービスのフランチャイズを始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.