注意欠如/多動性障害(ADHD)や学習障害(LD)は小学生で発見されやすい発達障害です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-12-05

発達障害は自閉症やアスペルガー症候群、高機能自閉症、
ADHDやLDなどいろいろな種類に分類されています。
その発達障害の特性などによって発見されやすい年代が違います。
もちろん症状の程度などによっても違いますが、
学習の始まる小学生くらいの年代では、ADHDやLDといった発達障害が
見つかることが多いとされています。

集団行動が苦手、会話がかみ合わない、読解力がない、音読ができない、
計算ができない、整理整頓が極端に苦手、友達と遊べないなど
様々な点が小学校に入ると目立ち始めます。
保育園や幼稚園の頃までは、個性だと思われていたことも、
成長と共に周囲も本人も違和感を感じ始めてきます。

発達障害を持つ子どもの多くは大きなストレスを感じているといわれているので、
一日でも早い気付きと対応がとても大切です。
早期に療育を始めることで、子どもの不安やストレスを取り除くことができたり、
できなかったことができるようになり、発達がどんどん促されていきます。

私たちも放課後等デイサービスのフランチャイズを全国に展開し、
発達障害の症状に悩む子ども達やご家族の支援をしています。
専門の知識や経験を持った職員が、子ども達1人1人に最適な療育カリキュラムを考え、
丁寧な指導を行なう教室です。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ一度下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.