日常生活での困難さが多いADHD。改善するには適切な療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-09-06

ADHDや自閉症、アスペルガー症候群などの発達障害は、
先天性の脳機能障害が原因と言われています。
生まれつき、脳の前頭葉の働きが弱かったり、脳機能がうまく機能していないことで、
日常生活を送る上でも困難なことがとても多くなります。
特に社会性の未発達は小さいうちから本人も周囲も悩むことが多くなります。

相手の気持ちがわからないことでいつも相手を怒らせてしまったり傷つけてしまう。
なかなか会話がかみ合わない。
静かに座っていなければいけない時間でもじっとしていることができない。
暗黙のルールがわからないことで自分だけ違うことをしてしまう。
気持ちのコントロールができず、すぐに手が出てしまう。
など本人にはどうしようもないことが多く、放っておいてもよくはなりません。

こうした症状を改善させるためには、療育を受けることが必要になります。
適切な療育を受けることで症状は改善し、生活がしやすくなります。
もちろん脳機能の問題なので、いきなり変化が起こるわけではありませんが、
脳は筋肉のように、鍛えれば鍛えるほど変化していきます。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでは、発達障害の子ども達を支援するために
様々な形での療育活動を行なっています。
フランチャイズの教室を始めたい方は私たちがサポートしますので、ご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.