放課後等デイサービスのフランチャイズはダウン症児も通えます。

2015-12-21

母親の出産年齢が上がるに従って、ダウン症などの障害が起こる確率は上がります。
ダウン症は先天的な染色体の異常で起こるので、
予防や治療をして治すということは現在ではできません。
そこで、わかった段階で早期に療育を始めることが一番です。
難聴や心疾患、眼科的な異常があることも多いので、
その子に合わせた治療を行いながら、療育も取り入れる必要があるでしょう。

私たちの放課後等デイサービスでもダウン症児を受け入れています。
ダウン症の子は発達が遅いので、心も体もとてもゆっくり成長します。
育児も大変なことが多いし、自由人のような部分もあるので、
周りの人が知識がないとお互いに苦痛を感じてしまうこともあります。
まずは周囲の人がきちんと理解し、サポートしてあげることが大切です。

ダウン症では筋肉や関節が弱いので、運動療育を提供するときには
その子の症状にあわせたものを行います。
私たちが提供している運動プログラムは一人一人の段階や症状に合わせて
提供することができるので、どんな子にも対応できます。
また、全国の自治体でもたくさん取り入れていただいている信頼できるものです。
このプログラムで一緒に子ども達を育てていきましょう。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.