放課後等デイサービスのフランチャイズで発達障害の子の、社会での適応力を高めてあげましょう。

2016-03-09

発達障害を持つ子ども達は、実際の年齢と生活年齢に大きな差があることがあります。
実際は中学生くらいでも、日常生活でのレベルは4歳程度ということもあります。
また、73856+347459というような計算が瞬時にできる能力があっても、
スーパーで牛乳と卵と納豆を買うのに1000円あれば足りるだろうというような
概算ができないという子もいます。

つまり、その子自信の持っている能力と社会での適応力は
別物ということになります。
これではいくら優れた能力があっても、生活していく中では困難があります。
社会に適応し、困難ができるだけ少なくなるように
早いうちから足りない部分の能力を補ってあげる必要があります。

私たちの放課後等デイサービスの教室でも、
子ども達の5年後10年後を見据えて療育を提供しています。
これから社会を担っていく子ども達を育てるために、
ぜひ放課後等デイサービスのフランチャイズを始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.