放課後等デイサービスのフランチャイズで発達障害があるかもと悩んでる親を助けましょう。

2015-12-04

発達障害のほとんどは、3歳ころにならないとはっきり診断がつきません。
1歳や2歳でも症状が見られることもありますが、
個人差も大きい時期なので、3歳頃に診断されることが多いようです。

自分の赤ちゃんに発達障害があるかもしれないと
育児に悩みを抱えている親は意外と多くいます。
1歳前のでも、目があいにくかったり、抱っこを嫌がったり、
こだわりが強かったりという面が見られればグレーゾーンといえるでしょう。

もし発達障害があると診断がされたら、
周囲のサポートがなければ、本人や母親もとても大変な思いをします。
そうならないためにも、発達障害がわかった段階からすぐに、
療育的なサポートを受けることが必要なのです。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも、
脳科学的に効果があることが実証されている運動プログラムを使った
療育に力を入れて、さまざまなサポートを提供しています。
毎日行うことで確実に脳の機能が上がり、日常生活のレベルも上がり、
子供の自己肯定感も育てることができるすばらしいプログラムです。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.