放課後等デイサービスのフランチャイズでは広汎性発達障害と診断された子に療育を提供できます。

2015-12-11

広汎性発達障害とは社会性、コミュニケーション能力、強いこだわり、
想像力の欠如などの症状が見られる自閉症やアスペルガー症候群などの
発達障害の総称です。

親の育て方や育った環境などが原因でなるような後天的なものではなく、
先天性の脳機能異常が原因で起こるといわれています。
なので、もし発達障害と診断された場合には、
少しでも早く療育を始め、子供の本来持っている力を伸ばし、
社会の中で生活がしやすくなるようにしてあげることが大切です。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでは、
自閉症やADHD、ダウン症など様々な発達障害を持った子が通っています。
その子たち一人一人に合った内容の療育プログラムを提供できるので、
どんな種類の障害があっても無理せず安全に行うことができます。

ただ預かるだけの教室ではなく、専門知識を持った職員が
子供の心と体の発達を促す運動療育や学習サポートを提供しているので、
保護者の方にも安心していただける教室です。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.