感覚過敏は発達障害の子どもにとって大きな苦痛です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-03-02

自閉症やアスペルガー症候群などASDを持つ子ども達は、
光が苦手、赤ちゃんの泣き声が苦手、においに敏感すぎるなど、
「感覚過敏」の症状に悩まされることもあります。
程度の差こそあれ、ほとんどのASDの子どもが感覚過敏や鈍麻が
あるといわれているので、周囲の適切な対応が必要です。

感覚過敏は五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)の
どれでも起こり得るもので、どれか1つだけではなく
重複して症状が現れる場合も多くあります。

その苦痛はなかなか他の人には理解されにくいものですが、
本人にとってはかなりのストレスなので、
それが回避できるような配慮や工夫が必要です。
そして、少しずつ改善していけるように
段階を追って経験していくことも大切なことです。

困っているのは子ども本人なので、少しでも不安やストレスを減らし、
苦痛のない生活ができるようにしてあげたいと思います。

私達の放課後等デイサービスでは、子ども達の5年後や10年後を見据えて
支援やサポートを行なうようにしています。
主軸の運動療育では、運動能力や体力だけでなく
人と関わる楽しさを感じながら社会性も身につけていけるようにしています。
「楽しい活動」であることが子ども達が自主的に取り組める
ポイントにもなるので、様々な工夫を凝らした療育活動をしています。

放課後等デイサービスの教室をフランチャイズで始めたい方は、
ぜひ私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.