発達障害児が放課後等デイサービスのフランチャイズに通うことで日常生活のレベルを上げられます。

2015-11-24

発達障害とは、多動性障害、学習障害、高機能広汎性発達障害などの総称です。
軽度の発達障害でも、社会生活に支障がないということではないので、
発達障害と診断されたら適切な対応が必要です。

幼児の症状としては、目が合わない。言葉の遅れ。じっとしていられない。
など様々ありますが、たまに虚言癖のある子もいます。
虚言癖には、どうしても嘘をついてしまうという性質があります。
幼児には時々見られるものですが、いつまでたっても直らないという場合は
発達障害が隠れていることがあります。

発達障害が原因なら、発達障害への療育を行うのが効果的です。
発達に合った支援や教育が受けられれば、症状はどんどん改善していきます。

子どもたちが社会生活に支障なく生きていけるようにサポートするために、
放課後等デイサービスのフランチャイズでは療育活動を行っています。
無理のない運動遊びを楽しく行うことで子どものやる気や達成感が育まれ、
それによって脳が活性化し、脳機能がアップします。
脳機能があがれば、日常生活のレベルもあがります。
何よりも楽しく取り組めることが、心と体の成長を促すことにつながります。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.