発達障害には薬よりも放課後等デイサービスのフランチャイズでの療育が役立ちます。

2015-11-23

発達障害の一つである学習障害は、知的な遅れはないものの、
聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの能力のうち
特定のものの理解、習得に困難が生じるものです。

これは決して本人の努力不足ではなく、
生まれつき脳の機能に異常があるために起きている症状なので、
不得意な分野をできるだけ伸ばせるようにゆっくりサポートしてあげます。

また、ADHDの治療にはコンサータやストラテラといった
処方薬が使われることもありますが、一番大切なのは環境を整えることです。

・周りに注意をそらすような物をおかない。
・課題を与える時には頃合いを見計らってから。
・やり方や手順は事前にメモしておく。

など環境調整をすることで症状は軽減します。

もし投薬をする場合は、薬を使うことで失敗を減らし、自己肯定感を養い
成長を助けるという意味で使用することが大切です。
環境調整や投薬の他にも療育を行うことで、さらに改善がみられます。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでは、
一人一人のレベルに合わせた運動や学習支援ができます。
ここで提供している運動プログラムは、
脳の機能を上げることが研究で明らかになっている最新のプログラムです。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.