学校や特別支援学級での支援だけでなく学校以外での療育活動も重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-06-19

障害を持つ子ども達の進学先の一つに特別支援学級があります。
全ての小中学校にあるわけではありませんが、
小学校ではほとんどの学校に設置されてきています。

普通学級では、学年ごとに学習指導要領に沿って授業が
行なわれていきますが、特別支援学級では児童の障害の程度に応じて、
個別に指導計画を立てる必要があります。
しかし、担任には特別な資格を持っていなくてもなれるので、
必ずしも適切な対応、指導が行き届いているわけではないのが現状です。

そこで、学校以外の場所での療育活動がとても重要になります。
私達は、放課後等デイサービスの教室を全国に展開し
発達障害やその特性を持ち日常生活に困難さを感じている子、
その他障害を持つ子ども達に療育支援を行なっています。
子ども達1人1人の日々の生活がスムーズで安心できるものになり、
将来の自立につながっていくようにサポートをしています。

教室では独自の運動プログラムを用いた運動療育を主軸としています。
楽しく体を動かすことで集中力や記憶力など脳機能を高めながら、
語意力、イメージ力、判断力、抑制力などを高め、
日常生活に活かしていけるようにサポートしています。
また、少人数での活動で社会性やコミュニケーション能力を
育てたりすることもできます。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.