子ども達の自信を育む療育活動が大切です。 

2020-05-19

子ども達には、成長の過程で「できなかったことができるようになる」
という経験をたくさん積んでいくことが必要ですが、
もっと大事なことは、そのできないことに対して
前向きにチャレンジしていこうとする姿勢です。

うまくできないけど頑張ってやってみようと挑戦していく
ためには、「自分はできる」という気持ちが
子どもの中に育まれていなければいけません。
それを育てていくためには、何かに対して「頑張った」
「できた」という達成感をたくさん積み
自信をつけることが必要になります。

子ども達を育てていく上では、そうしたことを
いつも頭の中に置いて接していくことが大切で、
それによって療育の効果も高めることができます。

私たちの放課後等デイサービスの教室では
運動療育を主軸としていますが、
運動は達成感や満足感を得やすい活動といえます。
子ども達1人1人が、日々の療育活動に自主的に
取り組みながら、少しずつでも確実に自信をつけて
将来に向けて成長していけるような関わりを
大事にしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.