子ども達が安心して学校生活を送れるように就学先の選択が重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-11-02

毎年秋頃になると、来年度小学校に入学する児童は
就学時健康診断を受けることになっています。
心身の健康状態を確認したり、就学先を選択する際の判断材料にも
なります。

子ども達の就学先としては、通常学級、通級、特別支援学級、
特別支援学校という選択肢があります。
今、1クラスの子ども達の中に1~2人が発達障害もしくは
その可能性があるといわれているので、
支援が必要な子には、1人1人のニーズに合った支援が
受けられるように就学先を選択することが大切です。

大事なことは、子どもが安心して生活ができる環境です。
そして、1人1人の能力や特性に合った学習内容の提供と指導方法で
学習に取り組めることも重要です。
しかし学校の教室や教師不足などで、必要な支援を受けられていない
ケースもまだまだ多くあり、家庭や学校以外での療育の場も
とても重要な役割を担っています。

私たちは放課後等デイサービスの教室を全国にフランチャイズ展開し、
支援を必要としている子ども達に療育支援を提供して
困り事を改善し、生きやすくなるようにサポートを行なっています。
また、持っている能力を引き出し良い方向に伸ばしながら
将来につながる力になるように、先を見据えた支援も大事にしています。

私たちの教室では独自の運動療育プログラムを主軸として
療育活動を行なっています。
放課後等デイサービスの教室をフランチャイズで始めてみたい方は、
下記の連絡先までぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.