子どもの障害特性に合わせた支援で力を伸ばしていく教育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-08-23

「特別支援教育」とは、障害のある子ども達1人1人のニーズに
合わせた支援・取り組みで、持っている力を引き出し高めながら、
生活や学習上の困難を改善したり克服していくというものです。

今、発達障害の特性を持つ子どもは小中学校の1クラスに
1人~2人はいると言われています。
支援学級に通っている子もいれば、通級を利用している子、
普通学級に通っている子とそれぞれですが、
障害特性を持つ子に配慮した授業内容は、
実は全ての子ども達にとってわかりやすい授業といえます。

耳からの情報だけでなく、視覚的にわかるように写真や絵を
使ったり、目的を明確に伝えたり、待ち時間の約束ごとを
決めておく、集中できる環境作りといった配慮で
子ども達の学習効率が上がって理解度も上がることが期待できます。
授業がわかることは子ども達にとっても自信になるので、
子どもの視点に立った指導が大切になります。

私達の放課後等デイサービスでは、運動あそびによる運動療育を
主軸として子ども達の総合的な成長発達を促していますが、
学習サポートにも力を入れています。
学習に取り組むために必要な力は意外と多くあるので、
1人1人に合った方法でサポートしながら
その子のペースで力をつけていけるように工夫し指導しています。

私達の教室は、全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.