子どもの視点に立った早期療育支援で将来につなげていきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-08-16

発達障害の子ども達の、集団行動が苦手、こだわりが強い、
片付けられない、授業中座っていられない、かんしゃくを起こす
などの困った行動は、大人の視点から見た困った行動がほとんどです。
発達障害は子どもの頃に見つかることが多いので
必然かもしれませんが、子ども達が中学生、高校生と成長し、
やがて社会に出て生活をしていく上で本当に困るのは、
子ども本人です。

大人の視点から見た困った行動をなくそうということではなく、
子どもの視点に立ち、子どもの気持ちに添いながら
困り事を一緒に改善していくことが大切です。
子どものうちに適切な関わりをし、支援をしていくことで
子ども達が感じている困り事が減って生きやすくなり、
将来的な自立にもつなげていくことができます。

発達障害による困り事は様々なものがあり、
それぞれが複雑に絡み合っていることが多いので
その対応は簡単ではありませんが、子どもをよく観察し、
気持ちに寄り添いながら支援・サポートをしてあげることが
何よりも大切なことです。
年齢が上がると共に二次障害のリスクも上がるので、
早期の療育支援が必要になっています。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害や発達障害の特性を
持つ子ども達に療育活動を提供しています。
1人1人持っている特性や障害の程度などに違いがあるので、
その子に合った支援を行ないながら
社会生活で必要なスキルの習得を目指したり、
苦痛を和らげる方法や困り事を事前に予防できる方法を
見つけていきながらサポートを行なっています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開し、運動療育を主軸とした
療育活動を提供しています。
放課後等デイサービスのフランチャイズによる教室運営に
興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.